体重だけでなく健康を考えながらダイエットをすること

カロリー制限によるダイエットを行う場合、食事を少なくしすぎると、筋力の維持が困難になってしまうことがあります。

人間の体は、活動に必要なエネルギーを食事から得ています。
食事の量を減らすと、エネルギーの欠乏状態に陥ります。

人間の体は、すぐに使うことができるカロリーがなくなると、脂肪や筋肉を分解するようになります。
このことによって脂肪が少なくなり、一時的に体重は減りますが、問題になるのは筋肉が減ることです。
筋肉は体に必要なものであるため、故意に食事を制限したことで生じる筋肉の減少は健康的とはいえません。
さらに良くないのは、基礎代謝は筋肉内で行われているので、筋肉が落ちると基礎代謝も低下してしまうことです。

ダイエットの成功率を高めるには基礎代謝の高い身体であることが大事ですので、筋肉はできるだけ減らしたくないものです。
ダイエットのために食事を抜くという話をよく聞きますが、ダイエットのためにも健康のためにも、食事制限はほどほどにしましょう。
カロリーオーバーの食事をすると太るからといって、カロリーを少なくすれば痩せるという簡単な話でないことには注意しましょう。
基礎代謝が落ちると健康維持にも影響しますし、ダイエット後にリバウンドをする要因の一つとなります。

高たんぱくで低カロリーの食事内容に改善して、運動不足を解消することが、健康的なダイエットには必要なことです。
食事は抜くのではなく、きちんと3食、カロリーオーバーをしないで摂取することが健康的なダイエットにつながります。

ライザップでダイエットを健康に成功させたい方はこちらをクリック!