自転車にはきちんと施錠をする

自転車を駐輪する時はきちんと施錠をしたほうがいいです。
施錠をしないと盗難に遭う可能性が高まります。

自転車を止めるときに施錠をしないと盗んで下さいといっているようなものです。
施錠をしていても場合によっては盗難にあることもあります。
とくに人通りの少ないところに駐輪していると盗難のリスクが高まります。
駅前なら人通りがありますので、そこで堂々と自転車を盗む人はなかなかいないのではないでしょうか。
しかし、駅前のコインパーキングのような駐輪場に止める時にもきちんと施錠をしなくてはいけません。

駐輪した場所の番号を確認して数百円の代金を支払えば、施錠していない自転車を盗むことが出来てしまいます。
数百円のお金で自転車を盗難出来てしまいます。

自転車は普通のママチャリタイプよりスポーツタイプの高価な方が盗まれる可能性が高いと言われています。
高価な自転車とはいっても自動車に比べると見つかりにくいので注意が必要です。
施錠をしていてもリスクがあるので鍵は1つでなく複数のものを使ったほうがよさそうです。
U字タイプ、チェーンタイプ、ワイヤータイプなどです。
車輪にするものを使ったらチェーンタイプ、ワイヤータイプを併用するようにです。
チェーンタイプ、ワイヤータイプなら駐輪場のポールや柵などの構造物と自転車を連結できますので、防犯の安全性が高まります。
しかも、チェーンタイプ、ワイヤータイプは高い箇所と結ぶとよりいいのです。
高い箇所の鍵を切断するには力が必要になりますし、周囲の目も気になります。

このように、自転車を駐輪するときはキチンと施錠を心がけたいものですね。

鍵開けを24時間受付ているカギ屋さん