バック駐車のコツってあるのでしょうか

バック駐車のコツってあるのでしょうか。
バック駐車って苦手としている方は少なくないはずです。

バック駐車をする際に注意をしてみるといいことを挙げたいと思います。

バックをする時って車をバックして、運転手は後ろを見ながら運転をすると思います。
問題はハンドルは前進の時を同じ持ち方をします。
つまり、バック運転の時はハンドル操作は逆となってしまいます。
前進時ハンドルを右にきれば車は右側に曲がります。
バックの時にハンドルを右にきると後ろを見ていますので進む方に対して左に曲がります。
この逆転現象がバック運転を苦手としてる一因なのではないでしょうか。
バック運転をする時はハンドルのきる方と反対側に車は進む(正面を見れば右に曲がっている)ということを意識する必要があります。

バック駐車をする時に注意をすることが外輪差です。
後輪に比べ前輪が外側に膨らんで曲がります。
気を付けないと例えば、ハンドルを右にきった時に左前をぶつけてしまいかねません。
バックの時にハンドルをきる際はきる方向と逆の前方に気を付けましょう。

あと、後ろ向きに進んでいると真っすぐに止めれないことがあります。
駐車ラインにたいしてちょっとだけ斜めになってしまうことがあります。
斜めにとまても周囲の壁や車にぶつけることはないかもしれませんが、あまりにも斜めだと隣の車に迷惑がかかるかもしれません。
駐車場のラインが認識できるのであればちょっと確認して車をバックさせると斜めにならないかもしれません。

バック駐車が苦手といっても運転の時は後方をはじめ周囲に十分の状況に十分注意して下さい。

駐車場を貸し出したいと考えてる方