国産カニは希少品だから海外品は匠本舗が安心

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。

これは横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海、三河湾といった浅海に生息します。

近年、国産品は貴重になってきています。

食用の蟹の中では特に大型であり、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、特に瀬戸内海では蟹といえばガザミ(渡り蟹)を指すほど代表的な蟹です。

昔から、渡り蟹といえば、茹で蟹や蒸し蟹にするスタイルが最もスタンダードだといえます。さらに、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。美味い蟹を食したい、そんな時どうしたらいいかというと、「店で買うか、通販で買うかどっちかしかないだろ」と思う方、他にも方法があるのです。
それは、なにかというと、温泉へ行く、という方法です。
絶品の蟹がウリの温泉地もあるからです。

ですから、蟹が獲れる場所に近い温泉地に行けば、いいシーズンであれば、蟹も美味しく食べられて、温泉も楽しめる、そんな体験ができるでしょう。

とはいえ、温泉は季節を問わず入れますが、蟹には時期があるので旬の時期を狙って行ってください。ここ2、3年、ネットやテレビのかに通販のお世話になって、かにを買って良かったということが続いています。それはどうしてかというと、ネットでどこの情報でも手に入れられますし、宅配業者の冷蔵冷凍技術も確かなので、全国どこからでも、おいしいかにを直送してもらえるからです。産地直送の生のかにを通販で簡単に買えるようになったので、家族からかにのリクエストがあったときはわざわざお店に行くこともなくなりかに通販で決まり、と思っています。便利な蟹通販ですが、難点もあります。

それは、蟹をじかに見て選ぶことができないという点に尽きるでしょう。

蟹を買う際には身入りなどが気になりますが、実店舗ならそれを確認できますし、その場で試食させてくれる店舗も多くあります。

蟹の品質だけでなく、茹でるときの塩加減などでも味が変わるので、自分にとって「アタリ」のお店を探す人もいます。ですが、蟹通販でそれは難しいですよね。
蟹通販が便利でお得だといっても、万能ではなく、このような欠点もあるので、一概に実店舗より良いとは言えません。

ネットで少し検索すれば、10件や20件ではきかないくらい、蟹通販に関する口コミは溢れ返っており、困惑します。楽天市場やアマゾンなど、多くの人が集まるサイトで見られる多くのレビューはもちろんのこと、私の知る限りでも、蟹通販についてまとめたサイトは数十を下りません。こうなると、どの情報を参考にしていいかわかりません。

そんな中で、何を参考にすればいいのでしょう?口コミというのは、主観に基づく内容ばかりで、客観的な情報は少ないです。それより、客観的に表れる実績によって業者の良しあしを判断すれば「口コミで騙された!」と感じることもないでしょう。
匠本舗・かに本舗 楽天