ミドル脂臭とは?

汗や皮脂を原因とする体臭のひとつに「ミドル脂臭」というニオイの種類があります。
30代半ば~50代半ばで最も強くなるニオイで、原因成分は「ジアセチル」といい、これは汗の中の乳酸が、皮膚上の常在細菌(ブドウ球菌)に代謝・分解されることによって発生します。
「ジアセチル」と「皮脂臭(中鎖脂肪酸)」が混ざることで、不快な「ミドル脂臭」となります。

後頭部・頭頂部・うなじを中心に発生し、使い古した油のようなニオイが特徴です。
対策としては、殺菌・代謝抑制とともに、ねっとり頭皮脂ごとしっかり洗浄することが必要となります。
まずはブラッシングすることが大事です。ブラシや手ぐしで髪をとかし、髪や頭皮の汚れを浮き上がらせ、ニオイの元を落としやすくします。
まずは、お湯で髪と頭皮の汚れを洗い流し、次にシャンプー剤をつけます。
シャンプー剤をつけたら、襟足から丁寧に洗います。シャンプーの泡立ちが悪い場合は、2度洗いをおすすめします。
洗い流しも洗髪と同じ順序で手指をやさしく小刻みに動かします。
洗い終わって乾かすときには髪だけでなく、頭皮も乾かすことを心がけましょう。
また、シャンプーやデオドラント製品を選ぶ際には、成分をきちんと確認のうえ、購入するようにしましょう。
柿渋エキス(柿タンニン)が含まれているものは効果が期待できるかもしれません。

自分自身の臭いが気になる方は下のURLをクリック!
https://cieaneo.xyz