自費診療で抜けた歯を治すメリット

自費診療で抜けた歯を治すメリットってあるのでしょうか。
自費診療は治療費を全額負担する方法です。

自費診療にすると治療費が高くなるのがデメリットです。
治療費を抑えるのならば、保険診療のほうに利点があります。
保険診療ならば、治療費の個人負担は一部で済みます。

しかし、保険診療は必要最低限度の治療方法しか選択出来ません。
今回のテーマのように歯が抜けた場合で考えてみます。
歯が抜けた箇所を治すには入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの補綴器具を利用します。
入れ歯やブリッジを使えば噛むことが出来るようになります。
入れ歯やブリッジが最低限度の利用方法ということになります。

自費診療で治療をした場合、治療費は全額個人負担となりますが、治療方法を自由に選ぶことが出来ます。
治療方法を自由に選択することができるのが、自費診療のメリットです。
上記のような場合だと、インプラントも選択できるようになります。
インプラントも1種類でなくメーカーや設置方法を選べるケースもあります。
また、入れ歯やブリッジを利用した場合でも、材質を自由に選ぶことが出来ます。

このように自費診療にもメリットがあります。
歯が抜けた箇所の状況や条件を踏まえて、自費診療にするか保険診療にするか選んでみてはいかがでしょうか。

白い歯に出来る専用の歯磨き粉はコレ