樹木葬

樹木葬という言葉を聞かれたことがあるでしょうか。これは樹木を墓碑とする埋葬方法です。

しかしどこに行なっても良いというわけではありません。これは墓地として認可されている場所でしか行なうことができません。これが始まったのは岩手県一関市の臨済宗大慈山祥雲寺と言われています。1999年に栗駒山山麓で行われたのがその始まりです。気をつけたいのは、これは粉骨を海に撒く散骨とは関係がないということです。散骨と勘違いしている人がいますが、これは遺骨はあくまでも埋葬します。これにいくつかのメリットがあります。日本のお墓は後継者がいなければならないことになっています。しかし最近では、これが難しいような状況が日本では見られようになっています。核家族化が進んでいますし、また社会的に独身者が増加する傾向にあります。色々と日本には難しい問題が多いなと言う感じがしますね。今後日本が、どのようになってゆくのかと、本当に心配かもしれませんね。フィトリフト オールインワンジェル お試し