第二外国語ってどれが難しいのか迷う

第二外国語ってどれが簡単なのか迷うことがあります。
出来れば簡単な第二外国語を履修してみたいと思うのではないでしょうか。
第二外国語とは大学生が英語の他に履修する言語のことです。

第二外国語は大学によって学べる言語が異なります。
よく設置されていのは、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、ロシア語などです。
スペイン語やポルトガル語なども履修できる学校もあります。

フランス語は文法がちょっと難しく、発音がとっても難しい言語です。
英語と似ている語彙があります。
英語が得意な方なら文法はクリアできるのではないでしょうか。

ドイツ語は、文法がとっても難しく、発音が比較的簡単です。
単語ごとに複数形を覚えなくてはいけない所などが厄介です。

中国語は、文法は簡単ですが、発音が難しいです。
漢字だから簡単ではと思うと痛い目にあう可能性があります。
4種類の発音方法が識別がなかなか出来ないのです。

ロシア語は文法も発音もとっても難しい言語です。
しかも、キリル文字というものを覚えるのがとっても難しいです。

韓国語は文法も発音も日本人にとっては難しくありません。
これらの言語の中でハードルが一番低いのではないでしょうか。
ハングル文字も習得しやすい文字なので、頑張れば大丈夫です。

このように、それぞれの言語には日本人には向いている部分と不向きな部分がありますので、ご自身にピッタリの第二外国語を選んでください。

オンライン英会話でビジネスマン向けのレッスンがある