うつ病の障害年金は自力で受給出来るか?

うつ病になると、毎日が延々続く苦しみの中で過ごす事になります。
はたから見ると、家でずっと横になっているので、「怠けてばかりいないで、働け!」と言われるのですが、そんなに簡単な病気ではないのです。

仕事に就けたとしても、精神的にもの凄く不安定なので、すぐに体調を崩してしまう。
一回休むと、更に会社に行きづらくなるので、そのまま休職や退職になってしまうケースも多々あります。
そんな苦しいうつ病を助けてくれるものが「障害年金」と呼ばれている社会保険制度。
うつ病になった時から1年6か月経過していれば、受給出来るかもしれません。
もちろん、国民年金や厚生年金をしっかり納付している事が条件になります。
この障害年金ですが、実は一癖も二癖もあるので注意が必要。
うつ病などの精神障害は、身体障碍のように目に見えたり、数値で測る事が出来ないので、医師の書く診断書が受給出来るかを決定します。
自力で申請を行う事は簡単ですが、医師に自分のうつ病の症状を的確に把握して、それを書類に反映させなければいけません。
これから障害年金の申請を自力で行おうと思っている人は、医師としっかり相談をして、ご自身の状態を的確に伝えるように努力する事が必要です。
>>こちらが参考になります