横浜の結婚相談所とマイホーム

結婚というと、便利な街の一等地にマイホームを建て、親にわずらわされることなく夫婦二人で仲良く暮らす。

こんな夢を持っている人って多いんじゃないでしょうか?
でもこれってかなり難しいように思えます。

まず家の購入を考えると、地方都市ですら1件3,000万円ぐらい。
ローンを組んで返済するとだいたい6,000万円のお金が必要です。

一方、私の収入はおおよそ年収400万円。
毎月の給料が20万円で、年二回のボーナスが一回40万円の合計80万円。
税金と社会保険料で100万円。

手取りは300万円ですが、実際は買い物すれば、消費税、ガソリン税、酒税などなど各種税金がかかるので、50万円ぐらいは間接税でとられていると思います。

※厳密にはお店の固定資産税なども商品価格に転嫁されていますのでこのぐらいかなと推測しました。

手取り250万円、40年間働くとして、生涯賃金1億円。

支払い総額6,000万円を30年で払うとすれば

毎年200万円借金を払わなければいけない計算となり

毎月の給料から10万円、ボーナス40万円は全額ローンの返済となります。
毎月10万円の残金から、生活費、被服費、子どもの育成費から医療費、老後の貯蓄まで捻出しなければいけなくなります。
ほぼ自殺ものですね。

しかし私が特に貧乏ということではなく
誰もがこんな感じだと思います。

警察官や消防署、特殊勤務の公務員の年収が600万円
東証一部上場企業の従業員および工員の年収が500万円

一般職の公務員の年収が400万円
自営業者や中小企業の従業員の年収が300万円

非正規雇用の年収が200万円
フリーターやパートの年収が100万円

これが30歳の平均年収。
非正規雇用とフリーター・パートは年齢にかかわらず一定。

その他でも、20歳はやや低く40歳はやや高い程度

それと対照的なのは、40代、50代の正規雇用の年配者の給料。
ちょっと名の通った会社の従業員や特殊勤務の公務員なら、定年退職直前には年収1,000万円前後あり

地方公務員でも年収800万円ぐらいもらっています。
それにはわけがあります。

高度成長期は年功序列で給料がすごく増えていきました。彼らはそれをいまだにひきずることができる年代なんですね。

なぜなら、一旦上げてしまった給料はなかなか下げられませんし、年功序列でアップする給料表も、なかなか改定できません。
そこで年配の人は古きよき時代の利点を享受し、そのつけを若者が負わされているような形になっています。
ちょうど20年前バブルが崩壊した時、横浜のハプバーでは、大規模のリストラが行われ社会を混乱させました。
多くの人が生活の糧を失い、多くの人生が破壊されました。
財政が厳しくなったとき、人は給料の額を落とし、少ない儲けを皆で均等に分け合おうとはしないようです。
強い立場の人間は、高水準の給料を確保し、そのしわ寄せを弱い立場の人間のリストラという形で行いました。
そして、その後に入れる新人の給料を低額に抑えることによって、自分たちの利権を確保したようです。

そのため
利権確保組とリストラ組で年配者は金持ちか貧乏人かの二極化が激しく
利権確保組の年配者ばかり金を持っていて若者にはお金がない。

年配者から若者へのお金の移動がうまくいかないため、莫大なお金がただ銀行口座に眠っているという不思議な現象が続き

ちっともお金が世間に出回らないため景気が回復しません。

本来、若者が家を建てたり子どもを育てたりするために使われるはずのお金が高齢者の銀行口座に眠っている。
そしてその資金はその所有者の高度医療に使われ、また介護医療に使われ、あげくの果てには高い税率の相続税という形で国に没収されます。

日本の根底に根付く病魔です。

一番いい解決方法は社会保険料を削減し、老人が医者にかかれない社会を作る。

それによって老人には病気になったらぽっくり死んでもらう。
さらに税制改正によって相続税を0円にし、銀行口座に眠る巨額の資金を遺産相続によってお金を必要とする若者へ分配する。

そうすれば平均寿命は縮みますが、老人が減り、子どもが増え、活気のある社会になると思います。

・・・ちょっと残酷な話ですがね・・・。
でも、高度医療を望まない老人が多いことを考えますと、あながち非人道的な話ではないようです。

江戸時代の庶民は、たいして医者にかからずみんなぽっくり死んでいました。実はこちらのほうが自然ですね。

ちょっと話がそれました。

しかし、現実的に考えてみると、
今後も年功序列の給料の伸びは抑えられ、今もらっている給料が一生続くと考えてもおかしくない状況です。

他にも、高額で固定されている年配の労働者への退職金、各種社会保険料などが人件費を圧迫し、国家財政の窮乏が見えない増税へとつながっています。

今後もこの状況が改善される見込みはないでしょう。
私達が40代、50代となった時、とうてい今の40代、50代がもらっているほど高額の給料はもらえないと思います。

テレビや新聞などのマスメディアがなんて言おうと、銀行がさまざまな金融手品を披露しようと、私達は今こんな時代に生きています。

バブル時代は夢のまた夢。 しかし、実は庶民がマイホームを持てた時代のほうが珍しく今が普通。

過去のいついかなる時代でもマイホームは高嶺の花だったようです。

親世代が話すバブルの幻想から覚めていない同世代を見ると、正直、怖くなります。

それなら、借家暮らしで考えてみると

3LDKのアパートに暮らすとして、家賃が毎月10万円。

上下水道料金、電気光熱費などなど合わせて月3万円。

残り7万円から食費3万円。

残り4万円で貯蓄とエンターテイメント。

占めて20万円。

結婚するとタバコ代すら出ないと友人が嘆いていますが

なるほどとうなずけます。

妻がスーパーへパートに出る共働きでようやく毎月10万円増

なんとか子どものための貯金ができる程度で、自分たちの老後となるとかなり厳しいのが現実です。

しかも、子どもを育てながらの共働きは、特に子どもが幼いうちは親の負担が大きく、離婚や児童虐待の原因になります。

こんな現実が分かってくると

国家は国民にもっとよい生活を与えなければいけないんじゃないか?

と政府に向かって主張したり

俺はこんな生活を得るためにお前らに投票したんじゃないぞ!

と政治家に文句を言ったり

支配階層が裏で悪いことしているから俺たちが貧乏なのだ

と陰謀説を疑ってみたり

そんな人たちが出てきます。

そんな人たちは現実が分かっていません。

庶民に許された幸せなどほんにささいなもので、マイホームなどという大それた夢は持つべきものじゃないのです。

昔からずっと、庶民は生まれた土地に縛られ、親や親戚など堅苦しい人間関係の中、なんとか子どもを育ててきました。

政府に責任があるとすれば、現実をぼやかして誤解を招いているぐらい。

自民党だろうが民主党だろうが、何もかわりませし、一夫婦に一件、家がもてないことは政府の責任ではありません。

これは資本主義というシステムの持つ特徴であって、私達はこのシステムによらなければ生きていけないからです。

収入が少ない人たちには、彼らに合った生活があるだけです。

マイホームは夢のまた夢です。

ここでは特に金銭的な面から考えてみましたが、家庭生活をしていくうえの手間は、家庭の人数が多ければ多いほど一人の負担は減り、少なければ少ないほど増えます。

夫婦二人で子どもを育てる場合、一人一人の負担は大きく、お金を払って、家庭生活の手間を肩代わりしてもらわないと身がもたないでしょう。

でも、他人に肩代わりしてもらうため払うお金なんてありません。

そこで無理してなんでも自分でやってしまい過労から神経衰弱になる人が後をたちません。

他にも人間数が少ないと感情に任せ暴走しやすい。

児童虐待などの非道が行われても監視する人がいない。

※たいてい父親や母親はストレスから児童虐待をはじめ、そしてやっているうちに感覚が麻痺してしまうものです。こんな時、祖父母や叔父叔母、隣人など第三者が介入しないと大変なことになってしまいます。

人間って一皮向けば野獣ですから、そのどす黒い本能を抑えるためにも家族は多ければ多いほどいいものです。

子どもって、江戸時代も今も変わらず、夫婦単独で育てるものじゃなく、祖父母や叔父叔母、そして隣人、地域社会と、人間コミュニティー全体で育てるもの。夫婦だけじゃ子は育ちません。

結局は夫か妻どちらかの家族とその属するコミュニティーが必要なんですね。

将来的には、

嫁さんに自分の実家に入ってもらうか?

私が嫁さんの実家に入るか?

しなければ生活が成り立ちそうもありません。

私が、実家から半径25kmつまり車で1時間範囲に実家がある女性を優先的に選ぼうと考えたのには理由があります。

私は次男ですが、兄は例外的な高級サラリーマンであり、東京に生活の拠点があるため、私の実家と両親は私に残されています。

私には両親がいない自由な環境で田舎の不便さから離れ、都会の一等地に住みたいという夢があります。

でも、子どもが欲しいならあきらめざるを得ません。

・・・少なくとも子どもが独立するまでは難しいですね・・・

そこで、できれば嫁さんに実家に来てもらいたいのですが

もし、嫁さんがうちに来るのに難色を示した場合

事情が許せば、私が嫁さんの家に行こうと考えたからです。

職場があるこの土地から離れることはできません。

選択肢を増やすための苦肉の策です。

でも、いつも不思議に思うのですが、女の人って、お見合いでは中距離程度離れた場所の男性を望む傾向があります。

名古屋の人は豊橋、浜松の人は静岡。

ちょうど実家まで2時間ぐらいの距離ですね。

自分の両親にわずらわされることなく、新天地で夫婦二人で新しいラブラブの生活ができるとでも考えているのでしょうか?

現実には、旦那の両親のほうが、他人だけにつらいものだと思います。

そもそも、今の状況では、男性の9割以上の人が、自分だけの収入で家庭を維持し子どもを育てることはできません。

となると、私は、旦那の両親との関係を深めるより、一番自分を大事にしてくれる自分の両親がいる土地で彼らと暮らすほうがいいと思うのですが。

女性はそこまで考えているのでしょうか?

もし非現実的なことを考えているようだと、とても不安です。

今日、名古屋でお見合いしました。

彼女、今は愛知県に住んでいるけど、実家は三重県北西部。

なかなかいい人だったので、私はOKしておきました。

果たして彼女の返事はどうでしょうか?

そして一番心配なのは、彼女、現実をしっかり分かってくれているのだろうか?

もし私と結婚することになれば、いずれ愛知県東部にある私の実家に入ってもらわなければ生活が成り立たないという現実が。

できれば近場の人がいいですが、近場の女性とはほとんど出会いの場がないので、遠くの人にも募集をかけています。

でも、遠くの人とお見合いする時、いつも不安になります。

現実をしっかり把握しているのかな?

こんなことこちらからなかなか言い出せることじゃありません。

でも、まあ普通に生活していれば分かることだと思います。
相手の女性は、これぐらいのこと当然知っているものと考えたいです。

世の中、楽観でいこうとか、できるだけ都合よく考えようとか、明るくいこうとか言うけど、
お金に関しては、シビアに考えたほうたほうがいいと思います。

無から有は生み出せません。
手品のように目の前に現れたお金は、後で十分すぎるほどの手数料をとらえたあげく、血のにじむような努力で返済しなければいけません。

将来、何が起こるかわかりません。
甘い観測で人生設計すると後で大変なことになると思います。

“お金は必要な時には手元にない”
確かロシアの文豪ドストエフスキーがこんなこと言っていたけど 名言だと思います。